結婚することも育休をとることも夢にも思わなかったあの頃

大学時代に書いていたブログ記事をリマスター及び考察しながら載せていこうと思います。恥ずかしい思い出や今より稚拙な表現等ございますが、ご容赦ください。

映像作品の話

日本以外全部沈没。日本沈没よりは良かったけど、ネタだよね。

レビュー日:2007.12.30(日) 地球上、すべての大陸と島々が日本列島以外沈んでしまった。日本はさまざまな国の人々で溢れかえり、日本人による外国人迫害の日々が続いていた…。 日本以外全部沈没 考察 日本以外全部沈没 「日本沈没」と一緒に鑑賞。ありえな…

日本沈没。原作を読んだほうが楽しめるのかも。

レビュー日:2007.12.30(日) プレートの急速な沈降で日本が沈没する。田所博士は海底の調査と研究により、日本が1年以内に沈む事態になる事を予見。そうして日に日に、日本の島々は沈没していく…。田所博士は日本の沈没を防ぐための作戦を立てるも…。。 日…

映画版ハチミツとクローバー。正直あんまりよくなかった…。もうちょっと頑張れないのか。

レビュー日:2008.2.18(月) 漫画・アニメと大ヒットした美大トライアングルラブストーリーの映画版。 ハチミツとクローバー 考察 ハチミツとクローバー ドラマが酷評気味な本作。映画もあまりよくないですね。 漫画版については名前を聞く機会は何度かあった…

乙一原作。きみにしか聞こえない。設定はアレだけど、よかった。

レビュー日:2008.8.2(土) 内気な高校生、相原リョウは携帯電話を持たない。持っていたとしても、友達がいないから意味がないと思っている。ある日、公園でおもちゃの携帯を拾って以来、彼女の頭の中にだけ、着信音が聞こえてきて…。 その着信に頭の中で応え…

プルコギ。なんでこの映画を見ようとしたのだろうか。食欲も湧かなかった。

レビュー日:2008.2.16(土) いろいろあって(笑)テレビ番組「焼肉バトルロワイヤル」にて赤肉使いの無敗のチャンピオンが無名のホルモン職人の弟子と闘うお話。 プルコギ 観てて。途中で飽きた。 感想と言えば。「山田優って、結構カワイかったのねー。前田…

となり町戦争。映画版は三崎亜記ワールドの一端としてではなく、独立したものとして見るもの。

レビュー日:2007.12.24(月) 「となり町と戦争をします」突然見た新聞欄の1文。実感無く進む戦争。偵察役に任命された旅行会社員と役所の職員を中心に描いたとなり町同士の戦争。 となり町戦争 映画版 考察 となり町戦争 論理に対して論理で説明を付けて、…

映画版バッテリー。なぜか社会人で野球を一時的に再開した自分を重ねたらしい。

レビュー日:2007.12.29(土) ベストセラー中学生野球小説を映画化。野球という枠を超え、あらゆる人々の「心」に響く傑作。 バッテリー 考察 バッテリー 野球を、この年になって改めてやってみて分かったこと。小・中学生の時に見えなかったものが見えて来る…

「全然大丈夫」を見て、昔の自分の好みのタイプを思いだす。

レビュー日:2008.9.20(土) 古本屋の長男「照男」はもうすぐ30歳になるというのに、堪え性もなく、わがままで、子供のまま大人になってしまったような青年である。そんな彼の営む古本屋に、不器用な美人、あかりがやってきて…。 全然大丈夫 考察 全然大丈夫 …

犬神家の一族。これがうわさに聞いていた「すけきよ」だったか!

レビュー日:2007.11.18(日) 犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛は莫大な遺産を残して亡くなった。顧問弁護士事務所に所属する若林は遺言状を読み、犬神家でなにか不吉なことが起きることを予測し、私立探偵、金田一耕助を呼んだが… 犬神家の一族 考察 犬神家の一…

青い春。衝撃的なラストの後味の悪さが未だに残るトラウマ作品。

レビュー日:2007.11.17(土) 新学期、学校の番長になった九條だが、そんなことはどうでもよかった。揺れるたくさんの心、不良青春活劇。 青い春 考察 青い春 ここまで後味が悪くて、凄いと思える映画は久しぶりに見た。こころに残るドス黒さ、凄まじいな。 …

ターン。原作を愛しすぎていたので、映画に期待しすぎてしまった。

レビュー日:2007.11.5(月) 交通事故によって、同じ1日を一人で繰り返す事になってしまった真希。孤独と終わることのない繰り返しで疲れ果てていたある日、鳴るはずのない電話が突然が鳴り出して… ターン 考察 ターン 北村薫さん原作。ほぼ原作通りの物語。…

暗いところで待ち合わせ。いろいろ無理があると思うのだけど、それもよし。

レビュー日:2007.11.11(日) 事故によって目が見えなくなってしまったミチル。一緒に暮らしていた父親が亡くなってしまったが、1人で暮らすことを決意する。 ある日、彼女の家に一人の男が侵入する彼の名はアキヒロ、ミチルの近所で起きた線路飛び込み事件…

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS

レビュー日:2007.11.4(日) 考えていることが周りに聞こえてしまう「サトラレ」である里見健一は、医者になるものの、手術執刀もさせてもらえずにいた。そこに彼を保護する命を受けた一人の女性が現れ…。 サトラレ 考察 サトラレ ドラマ、みてなかったっす。…

悪夢探偵。面白そうだと思って見たのだけれど…。

レビュー日:2007.11.10(土) 人の夢の中に入る能力を持つ男、影沼。夢の中に入っても、いいことは全くなく、人の汚い面を見るばかり。そんな彼の元にエリート女刑事、霧島があらわれ、悪夢にうなされた挙句自殺をしてしまうという事件の捜査に協力することを…

HINOKIO ~ヒノキオ~。多部ちゃん、これにも出てたのね!

レビュー日:2007.11.6(火) 交通事故で母親を亡くした岩本サトルは、そのショックから部屋に閉じこもる。心配した父親が、自ら開発した遠隔操作ロボットを与え、そのロボットを通してサトルは小学校に登校することとなり… HINOKIO 考察 HINOKIO なんだかんだ…

手紙。見たときはこんなバカな人いるの?と思ったんだけど、いるんだよなぁ…。

レビュー日:2007.10.29(月) 犯罪者の弟となった直貴は、刑務所にいる兄のせいで様々なモノを失っていき…。 手紙 考察 手紙 この映画、どんな映画?と問われて どのような視点から説いたらいいのか分からないです。 原作の感想はコチラ young.tonymctony.com…

ロシアン・ドールズ。名作スパニッシュ・アパートメントの続編。

レビュー日:2007.11.7(水) 前作スパニッシュアパートメントから5年後、愛について悩む女たらしのグザヴィエが綴る、青春群像追求録。 スパニッシュアパートメントの感想はコチラ young.tonymctony.com ロシアン・ドールズ 考察 ロシアン・ドールズ 漸く観る…

サヨナラCOLOR。原田知世の魅力に気付いた映画。

レビュー日:2007.10.21(日) 医者である佐々木正平の勤める病院に、高校時代から恋い焦がれていた女性、未知子が子宮ガンを患い入院してきた。佐々木は未知子にすっかり忘れられており、思い出して貰える努力をするが…。 さよならCOLOR 考察 さよならCOLOR S…

モル。この安っぽさがよかった。薦めるものではないけれど。

レビュー日:2008.4.13(日) 西原ゆかりはある日を境に、生理中に自殺しようとする人を見かけ高熱を出す体質になってしまった。高熱を出す度に座薬を服用する日々。そして今日も飛び降り自殺しようとする人をみかけた西原ゆかりは意を決して自殺しようとする…

School Daze コメディかと思ったら、かなり怖い映画だった。

レビュー日:2007.10.14(日) 人生はドラマのようにうまくはいかない。そんな言葉をよく耳にするけど、これはドラマのせいで人生がうまくいかなくなってしまった僕の話だ (作中より) School Daze もの凄く深刻で残酷な世界がコメディタッチで進んでいく。残…

サマータイムマシン・ブルース

レビュー日:2007.10.20(土) 2005年、夏。某大学SF研究会の部室でクーラーのリモコンが壊れる事件が起こる。そこへ突然現れたタイムマシン。部員達はタイムマシンに乗って前日に行き、壊れる前のクーラーのリモコンを持ってこようと試みるが…。 サマータイ…

リボルバー 青い春。「青い春」は強烈だったけど、このぐらいのほうがいいな。

レビュー日:2007.10.28(日) 「面白いこと」を求める高校生3人組。子供に渡された宝の地図。宝=拳銃。 リボルバー 青い春 考察 リボルバー 青い春 宅配レンタルで頼んでみました。Yahoo!じゃなくTSUTAYAの。松本大洋原作。 映画じゃなく、特別ドラマみたい…

木曜組曲映画版。女性だけのグループはこんなにも怖いものなのか。

レビュー日:2007.10.14 作家、重松時子の死から4年後。時子の死に遭遇したメンバーは時子の死の真相についての憶測を巡らす。 恩田陸原作。原作の感想はコチラ young.tonymctony.com すごく雰囲気があるよね。こういうの。ミステリーミステリー感。 あんま…

リンダリンダリンダ。ブルーハーツのファンではないけれども。

レビュー日:2007.10.14(日) 学園祭でブルーハーツのカバーをやることになった女子バンドのお話。 リンダリンダリンダ 考察 リンダリンダリンダ 立て続けに学園モノを。 ブルーハーツの有名曲「リンダ リンダ」をたいして好きじゃなくても楽しめる映画だと思…

夜のピクニック映画版。予想以上にいい映画だった。若き日の多部未華子が出演。

レビュー日:2007.10.14(日) 高校の一大イベント、80キロを1日かけて歩く「歩行祭」で、甲田貴子は一つの賭をしていた。誰にも言えない秘密を抱えながら。 夜のピクニック 恩田陸の本屋大賞受賞作を映画化。 ゆるゆる流れる作品を如何に2時間見せるか。だれ…

陽気なギャングが地球を回す。原作よりも過剰な演出が気になりました。

レビュー日:2007.10.3(土) 嘘を確実に見抜く男。正確に時間を計る女。スリの天才。演説の達人。彼らは偶然にして必然に出会い、手を組み銀行強盗チームを結成する。 陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎原作の映画。Yahoo!ブログで公式ブログがあったは…

めがね。京都旅行時の夜、することがなくて映画館で鑑賞。

レビュー日:2007.10.10(水) 南の島。たそがれる暮らし。 めがね 考察 めがね 京都旅行の一日目の夜に見てきました。 旅行に行く前に計画立ててなかったから、せっかくきたんだからここもいかなきゃ、あそこもいかなきゃ、どうやっていくんだ、ああもう。 み…

g@meの感想。原作は東野圭吾の「ゲームの名は誘拐」

レビュー日:2007.10.8(月) 勝ち続けてきた男、佐久間は自分のプロジェクトを潰した葛城を憎んでいた。ある晩、佐久間が葛城の屋敷の前を通ったとき、屋敷から脱走するように葛城の娘が出てきて…。 g@me 考察 g@me 東野圭吾原作の物語を映画化した作品。狂言…

WOWOWドラマ、「チルドレン」。やっぱり原作の方が好き。

レビュー日:2007.10.8(月) 家庭裁判所の調査官、武藤は子供達に騙され、先輩の陣内に振り回され、自分の無力さを痛感する毎日を過ごす。ある日、陣内と銀行強盗事件に巻き込まれ、そこで共に人質となり…。伊坂幸太郎原作のWOWOWのドラマ。 チルドレン 原作…

アヒルと鴨のコインロッカー。恵比寿ガーデンシネマで鑑賞し、濱田岳を知った作品。

レビュー日:2007.10.7(日) 「一緒に本屋を襲わないか?」 大学生活を始めるべく、仙台に引っ越してきた当日、椎名は隣人の河崎と名乗る怪しげな男が現れ…テンポ良く流れるストーリーの中に張り巡らされた伏線とメランコリー。それらがすべて一つに繋がった…