結婚することも育休をとることも夢にも思わなかったあの頃

大学時代に書いていたブログ記事をリマスター及び考察しながら載せていこうと思います。恥ずかしい思い出や今より稚拙な表現等ございますが、ご容赦ください。

黒色スーツはやめた。気分も暗くなるし、似合わないから全部捨てた。

2017.4.22 社会人11年目

 

春になってきたのに、通勤時のホームや電車が黒スーツを着る人ばかりで、まったく季節感を感じられないなと思ったのです。

 

私はスーツを着て仕事する職業に就いています。 ゆえに週5はスーツを着るわけで、現在は4着を着回しているのですが、その中に黒色のスーツはありません。

 

黒スーツを着ない理由

理由は3つあります。

  1. 黒が似合わないから(野暮ったくなる)
  2. シャツとネクタイが合わせにくいから
  3. 季節感がなくなるから

 

無難だと思ってた

仕事に就いて数年は「無難なもの」ということで、「無難」で真っ先に思い浮かぶ黒色のスーツを専ら選んでいました。しかし、私は黒が似合わないようなのです。(そもそも似合う人って少ない気が。)

 

垢抜けないというか、野暮ったいというか…それが分かるせいか、気分もあまり乗りません。

 

さらに毎朝シャツとネクタイの組み合わせを考えるのですが、これもいい組み合わせが見つからない。黒としっかり合う色ってなかなかないんですよね。だからどれでも同じだと諦め、どんどん適当になっていく。

 

『無難』とはなんぞや?

だんだん我慢して黒色を着ているような気分になっていき、「そもそも『無難』ってなんなのだろう?『無難』のなにが面白いのだろう?」とあるときから思いはじめました。

 

春先の爽やかな陽気の日に、会社の会議の出席者がみんな黒スーツだった時があって、「なんで葬式でもないのにこの部屋は真っ黒なんだろう?」と感じ、さらにその中にスーツとネクタイとシャツの組み合わせが似合っている・素敵だと思える人がまったくいなかったのが決定打になり、思い切って黒スーツを捨てました。

 

結果、とてもさっぱりしましたよ。自分に合う色を纏う方が気分もいいし、なにより楽です。

 

考察

この当時はブルー・ネイビー・グレーのスーツを持っていたのですが、グレーもなくなりました。復職したらブルーばかりで、私は何かの病気にかかっているのだろうか?と本気で思いました。

 

似合うならいいんです。でも、大抵の人は似合わない。似合わないのに無難だからと野暮ったい色を着ているのはどうなのかな?と思うんです。

 

www.tonymctony.com

 

とはいえ、桃色症候群になるぐらい、ピンクを愛してしまうのもいかがなものかと思いつつ…。