結婚することも育休をとることも夢にも思わなかったあの頃

大学時代に書いていたブログ記事をリマスター及び考察しながら載せていこうと思います。恥ずかしい思い出や今より稚拙な表現等ございますが、ご容赦ください。

納豆は朝晩二回食べると健康にいいとテレビ番組で紹介していた件について。

2007.1.20(土) 大学4年生

 

 

納豆は健康にいい

某健康ネタ番組内での「納豆が健康にいい」という話に関して、誇張したデータが使われたそうですね。あの番組を見て以来、母は毎日朝晩2回、欠かさずに納豆を食べておりましたが…。

 

「大手企業だから・有名な商品だから」というかつての信用が揺らいでいる現在、情報の見極めは非常に重要になってきています。

 

「テレビでやっていた」が真実とは限らない

「○○が健康にいいんだって!」というような情報を、テレビで見た、人に聞いたからといって、すぐ試そうとする人が皆さんの周囲にもいると思うのですが、そのような方に「どうしてそのように言えるのか?」と根拠を尋ねるとたいてい「いいっていうんだからいいのだ」という内容の言葉が返ってくるのではないでしょうか?

 

テレビで紹介していたからといって信用できる情報とは限らないし、人に聞いたものならなおさら、その元の情報が少し変わっている事も考えられます。

 

本当に大切なのはデータの定義

流行モノのデータとかも調査対象母数がもの凄く限られていたり、小さく記載されていたりしますよね。そして大多数の人は、そんな小さいところなんて見ないですよね。みんな目がいくのは、他の項目を振り切ってる棒グラフの値とか「!!!」付きの表示だと思うんです。

 

そういった信憑性の低い情報をさも大発見したがごとく紹介するのが、テレビ番組を制作し、売りたいものを紹介する側の仕事なのです。一時の流行で終わってしまえばそれでもいいし、信憑性が低くてもそれが真に正しかったら万々歳というロジックなのでしょう。

 

ダイエット番組に魅せられて

だから、ダイエット方法を紹介する番組はネタが付きませんし、あれだけいろんな人に注目されるんですよね。

 

・あなたの身近にあります!

・これだけでいいんです!

 

というのよく見る謳い文句と有名人の「おどろいた!」を合わせれば、「思考停止の視聴者」はイチコロなんです。

 

我が家でも、健康番組で取り上げられたものが、翌日の夕食に並んでいることが多々あります(笑)。母よ…。

 

おわりに

結果だけに目を向けるのではなく

 

・それが何故その効果をもたらすのか?

・他に誰がそのようなことを言っているのか?

 

ということも同時に考えて、総合的に自分で判断を下すのが大切だと思うんですよね。

 

考察

昔からここら辺のお話って変わらず続いていますよね。根拠とデータをもとに本質を捉えて情報をアップデートしていけば、そうそうつかまることはないと思うのですが、人間というもの「簡単」「手軽」というものには弱いのでしょう。

 

最近でもテレビで取り上げられた食品が、翌日のスーパーの売り場から消えていることがあり、テレビは時代遅れと言われて久しいですが、その影響力の大きさはまだまだ健在なのだと驚かされることが多いです。