結婚することも育休をとることも夢にも思わなかったあの頃

大学時代に書いていたブログ記事をリマスター及び考察しながら載せていこうと思います。恥ずかしい思い出や今より稚拙な表現等ございますが、ご容赦ください。

回想モード。体罰編。

2005.11.20(日) 大学3年生

 

 

本編

小学校の頃のことを夢に見ました。
不条理を道理として受け入れていた時期。
それに則っていれば
もしかしたら
ここまで苦悩していなかったのかもしれません。

 

高学年になればなるほど
不条理を受け入れなくてはならないのですが
受け入れるなんて誰が決めたんだか
受け入れなきゃどうなるのか
教えてくれないんですよね

 

そりゃもちろん
自分で探せってことなんでしょうが
裏を返せば
教えられないということで

 

ひどいもので
自分の都合ばかり押しつけられていた気がします。
そんな教師を健気に正しいと思いこんで
「いいこ」になろうとしていた
あのころの自分を褒めてあげたら
どれだけ僕は解放されることができたのだろう。

 

思い出は美化されるといいますが
今となってはいい思い出だといいますが
小学校時代を思い出す限り
年々悪くなってるような気もしてくるんですけどね。

 

今あんなことやられたら
処分下るでしょうね。


そんな思い出をひとつ

僕の小学校は各学年1クラスずつしかない小さな学校でした。
1学年平均25人。自然に囲まれた、典型的な田舎の小学校。

 

小5の体育のマット運動の時間です。
体育の教師が問題のあるやつで
気分屋で、できる生徒を優先させる性質を持つやつでした。

 

ひとりづつマット運動をやっていったのですけど
どうもうまくいかなくてですね。
体を器用に動かせないんですよね。
で、うまくいかないのですが
どんどん内容が進んでいく。

 

上手くできる生徒にはお手本としてやらせるが
できないやつには、救済がないという。
で、前転だか後転画含まれるマット競技のときでした。
列に並んで順番に競技をしていくんですが
僕はいつもどおりできなかったんですよ。
でやりおえたあとマットから起きあがって列に戻ろうとしたら
もの凄い形相で奴が迫ってくるわけですよ。

 

で目の前に来た瞬間
マットに叩きつけられました

 

さっぱりわけがわからない。
あの不条理な痛みは年を経るごとに
大きくなって
人間不信へと発展したのでしょうか?

 

奴は起きあがる僕をまたマットに叩きつけて罵りました。
場は静まりかえっていたと思います。
というのは、何がなんだかさっぱり分からないゆえ
一種のパニック状態だったんですから。

 

奴は、僕がマット運動にやる気が感じられなかったので
呼んだが自分の所に来なかったため怒ったらしいのです。

 

いつ、呼んだのか?
同級生に問うたところ
僕がマット競技をしている最中だったそうです。

 

競技をしている時ってマットの音と自分が回ったりしているので
聞こえにくい状況になっているわけです。
奴がなにか言っていた声は分かったのですが。
その内容までは聞こえなかったのです。

 

叩きつけられた僕は
泣きじゃくっていました。
痛みとパニックと悔しさ。
憎しみ?もちろんあったと思います。

 

奴に罵られる中で
泣きながら抵抗しました。
「いつも、できる奴ばっか!!(で、できない奴らにはダメだというだけでなんにもしないくせに)」
叫びました。

 

言葉にならなかったです。
その抵抗は火に油を注ぐがごとく
奴の顔は真っ赤になって
平手が僕の頬めがけて飛んできました。

 

再度マットに沈む。

 

授業が終わっても僕は罵られつづけ
そして泣き続けました。
次の授業のチャイムが鳴り

 

奴は「次からはちゃんとやるんだぞ」
のような意味の言葉を吐き、体育館から去っていきました。

 

その後、遠くから見ていた同級生(確か2人)が
僕の元に駆け寄り声をかけて慰めてくれましたが
慰めてもらえばもらうほど涙が止まらなくなってしまうもので
「だいじょうぶ」を繰り返し
先に教室に帰ってもらい、必死に泣きやもうと
落ち着きを取り戻そうとしていたのを覚えています。

 

涙がとまり、落ち着きを取り戻したところで
ゆっくりと教室に戻りました。
次の授業が始まっているわけですから
担任に遅れた事情を説明しなければなりません。

 

教室の扉を開けると皆が教科書(もしくは問題集)の問題に取り組んでいました。
僕は担任のもとに行き事情を説明しようとしました。
すると担任は怒った顔で僕をにらみつけました。
何を言われたか一語一句覚えてはいませんが

 

「お前が遅れてくることで、どれだけ私に迷惑がかかってると思っている?その件関しては怒られることをしたお前が悪い。謝りに行って来い。」

 

といった内容だったと記憶しています。

 

その担任も問題がありありの担任でした。
気分屋でヒステリーを起こす。また、見苦しい体をしており
体罰を与えることも厭わない、

最低な教師(記憶ですので多少実物と差は生じるでしょうが)。

 

僕は過去幾度となく不条理なことを言われたり
する必要のないことなどをさせられましたが
それも、自分がすべて悪いのだと思いこみ
担任に従っていました。

 

「先生の言うことは正しい」
学校って知らず知らずのうちにそう教わるものではありませんでしたか?
それに従った哀れな素直な犠牲者達はどれだけいるのでしょうか?

 

「先生も人間だから間違ったことは言う」
このように言うのは自分に自信がないからだとか、

逃げているという反対票もあるわけですが。
「だから間違っていると思ったときはどんどん言って欲しい」
と付け加えて伝達してくれさえいれば。。

 

教師に怯えて素直に従わざるを得ず
言葉を発することを苦手とし
人とコミュニケーションをとることが
うまくできない人が
もう少し減った気がします。


その後僕は、担任に連れられ謝りに行きました。

 

親にこのことを言いませんでした。
自分は悪いことをしたのだから
親に言えばまた怒られると思っていたからです。

 

誰かの救いがあったなら
もっと自由に言葉を発することができたのでしょうか?
それともどうあがいても
今の自分になったのでしょうか?

 

その後、同級生が声をかけてくれたおかげで
当時としては笑い話ですませられるようになりましたが。

 

おかしい

 

その思いは消えることはありませんでした。

 

考察

未だにこの時のことは、何故怒られたのかが分かりません。ショックで記憶が抜け落ちたのか、本当に理解ができなかったのか。

 

小学生の頃…、それは20年も前の記憶になるので仕方がないのでしょうが、いい思い出がありません。不幸せではないけれど、自分だけではどうにも幸せにできないようなことが多かった気がします。