結婚することも育休をとることも夢にも思わなかったあの頃

大学時代に書いていたブログ記事をリマスター及び考察しながら載せていこうと思います。恥ずかしい思い出や今より稚拙な表現等ございますが、ご容赦ください。

音楽の話

Market / The Castanets

レビュー日:2006.2.26(日) 本日、無性に聴きたくなった一枚。 Market 考察 Market ザ・カスタネッツというバンドは、決して楽曲的、技術的に秀でているわけでもないのだが、Vo牧野元氏の声に魅了された。それほどうまいと言えない歌ではあるが、彼の声のな…

Who's Next / The Who

レビュー日:2006.2.19(日) 「Tommy」に続くロックオペラ「Lifehouse」(未完成のまま)の残骸を集めた1枚ながら「The Who」の最高傑作とピートが認める一枚。サウンド面ではシンセサイザーを用いて、テクノ的な要素を取り入れた。人気も演奏技術も絶頂期に…

Weezer (Blue Album)

レビュー日:2006.2.19(日) 「ヘタレな爆音」のキャッチフレーズで大ヒット!今なお多くの若者の支持を得ているアメリカが誇る美メロパワーポップの本家、Weezerのファーストアルバム!1994年作品 Weezer(Blue Album) 曲紹介 Buddy Holly Say ain't So Only …

5 am / Quintessence

レビュー日:2006.2.18(土) フィンランドの6人組バンド?Quintessenceのセカンドジャズ、ソウル、ファンク等を融合した新世代のクロスオーバー。2005年 5 am 考察 5 am 某ブログで紹介していて、ネットで視聴したら気に入ったので購入。近くに売ってなくて…

One For the Road / The kinks

レビュー日:2006.2.18(土) One For the Road 考察 ハードロックの祖、イギリス60年代4大バンドの一つ、キンクスのライブ盤。「You really Got me」「All Day and All of the Night」など代表曲を網羅した1979年のライブを収録。 全21曲 1980年 One F…

TRICERATOPSのLIVE WARPのDVDを見て和田唱のかっこよさを考える。

レビュー日:2006.2.19(日) LIVE WARP かっこよさについて 考察 LIVE WARP 購入してからRock Musicしか見ていなかったのですが、やっと本日全編通してみてみました。ライブ以外の映像もあるのでファンにはたまらない映像なんでしょうな。このDVD。 ライブに…

Odessey and Oracle/The zombies

レビュー日:2006.1.5(木) Odessey & Oracle 考察 Odessey & Oracle 幸薄UKバンド「ゾンビーズ」のセカンドアルバム。ゾンビーズ版サージェントペパーと言われているらしい。 1968年発表。 去年(2005年)、車のコマーシャルに使われていた、「Time of t…

THE MAN WHO / TRAVIS

レビュー日:2005.12.28(水) THE MAN WHO 考察 THE MAN WHO グラスゴー出身の4人組バンドの99年リリースのセカンド。出世作である本作では1stから劇的な変化を遂げ、シーンに衝撃をもたらした。 1st「Good Feeling」が好きではなかった。ジャケットのデザ…

APPLE VENUS VOLUME 1 / XTC

レビュー日:2005.5.18(水) APPLE VENUS VOLUME 1 River of orchids I'd Like That Easter Theatre Knights in Shining Karma Frivolous Tonight Green man Your dictionary Fruit Nut I can't own Her Harvest Festival The Last Balloon 総評 考察 APPLE V…

クイーングレイテストヒッツ

2011.4.13(日) 本編 考察 本編 今年はクイーン結成40周年らしく、ゴールデンウィークには池袋の東武百貨店でイベントがあるそうだ。 行った話 young.tonymctony.com それに伴いなのかは知らないが、レコード会社をユニバーサルに移籍してSHM-CDで音源が発…

Led Zeppelin / Led Zeppelin

レビュー日:2005.12.26(月) Led Zeppelin 考察 Led Zeppelin zeppを聴き始めたのは今年のことでした。 毎週のように借りていたCDショップで借りたいものが無くなってしまったので(品揃えが悪すぎるせいもあるけど…)名前を知っているけれど今まで敬遠し…

A Quick One/The Who

レビュー日:2005.12.24(土) A Quick One 軽いサイケなジャケットが目につくフーのセカンド。 パンクなんだけどポップ。フーというとピート(G)が曲作ってるイメージが強いけどロジャー(Vo)以外メンバー全員が作曲をしている。 普通、ボーカルって曲作るも…

FLY / grapevine

2006.9.25(金) FLY バインの新曲がリリースされましたね。様々なところで感想を耳に(目に?)しますね。 ということで、僕もFLYの感想書いちゃいます♪ と、言えればいいのですが。期待を裏切るようで悪いのですが、なんと、CD買っておりません(^^;曲もま…

クイーン&MUSIC LIFE展 in 池袋 2011

2011.5.15(日) クイーン&MUSIC LIFE展 解説 クイーン&MUSIC LIFE展 GWに池袋の東武百貨店で開催されていた、「クイーン&MUSIC LIFE展 ~クイーンが愛した日本~」に行ってきた。 グッズを買うと冊子とシールがもらえるらしく、クリアファイルを買おうと思っ…

DAWN WORLD / TRICERATOPS

レビュー日:2006.11.11(土) DAWN WORLD Fly Away 2020 Couple Days New Lover Heaven Change Your Life Broken スカルの柄 Be My Baby Waiting for You Driver Old Lighter Finally Diamond Girl 総評 解説 ビクター移籍後初のアルバム。通算5枚目。シング…

KING OF THE JUNGLE / TRICERATOPS

レビュー日:2005.7.27(水) トライセラトップス21世紀最初のアルバム。自分達のロックに磨きをかけ、さらなる高みを目指した4枚目。「もっと野性に…、もっと自分をさらけ出したい」という和田氏のコンセプトのもと作られた。ライブ感そのままの楽曲から、サ…

A FILM ABOUT THE BLUES / TRICERATOPS

レビュー日:2005.6.8(水) TRICERATOPS通算3枚目のアルバム 自分たちの音楽を確立させようとして挑んだ今アルバムは題名通りブルージーな曲が並ぶ。ポカリスエットのCMで話題になったヒットシングル「Going to the Moon」完成度の高いバラード「if」ケン…

THE GREAT SKELETON'S MUSIC GUIDE BOOK / TRICERATOPS

レビュー日:2005/6/3(金) ライブバンドTRICERATOPS、精力的にライブを行い着実にファンを増やしていた彼らが前作から約8ヶ月ぶりに放った2ndアルバム。今作は強烈なリフサウンドはそのままに、あらゆる面を肉付けし色をつけた意欲作。各CDショップ推…

TRICERATOPS

TRICERATOPSのデビューアルバム レビュー日:2005.6.1 TRICERATOPS Two chairs 彼女のシニヨン オレンジライター ロケットに乗って 復刻ジーンズ Raspberry Star Jet プレゼント アイ・ラブ・エスカレーター My Skywalker's T-shirts 総評 解説 TRICERATOPS …

THE 7TH VOYAGE OF TRICERATOPS

2005.5.24(火) THE 7TH VOYAGE OF TRICERATOPS My Favorite St. Parachuter Ace エベレスト The Capotain Now I'm Here It Big Bag Blues jewel ラストバラード Any Day 総評 考察 TRICERATOPS通算7枚目のアルバム THE 7TH VOYAGE OF TRICERATOPS ポップな…

指先/COME ON

2007.2.11(日) CDについて 指先 COME ON DVDについて FLY リトル・ガール・トリートメント スレドニ・ヴァシュター Our Song 考察 CDについて 某SNSをみていたら「意外に1万枚なんてあっという間に無くなっちゃうかもなあ」なんて思わされて予約注文をし…

【ライブレポート】2005.10.20 grapevine sweet home adabana at SHIBUYA-AX

2005.12.14(水) 本編 ライブ前 ライブの感想 13/0.9 reverb シスター MC1 いけすかない MC2 少年 それを魔法と呼ぶのなら 放浪フリーク リアリティ 公園まで MC3 Metamorphose SUN REW VIRUS KINGDOM COME スカイライン MC4 ポリゴンのクライスト アダバナ S…

deracine / GRAPEVINE

2006.5.5(金) アルバムについて 13/0.9 その未来 少年 VIRUS REW 放浪フリーク KINGDOM COME それを魔法と呼ぶのなら GRAVEYARD スカイライン まとめ 考察 アルバムについて 全作から約二年ぶりとなる、GRAPEVINE通算7枚目、メンバー3人、演奏5人体制での…

その未来/アダバナ&more

2005.7.27(水) CDについて その未来 アダバナ その他のアルバム漏れ曲について Breakthrough リアリティ sabbath 太陽 It was raining 考察 CDについて grapevine史上最速のBPMを持つシングル。ライブで盛り上がり必至の「その未来」と、お笑い番組との異…

Everyman, everywhere / GRAPEVINE

2005.2.13(日) アルバムについて Metamorphose reason everyman,everywhere スイマー 作家の顛末 総評(CDについて) DVD編 豚の皿 SEA Paces いけすかない HEAD アンチ・ハレルヤ Suffer the Child ミスフライハイ Good Bye My World special 会いにいく 考察…

イデアの水槽 / GRAPEVINE

2005.10.9(日) イデアの水槽 豚の皿 シスター ぼくらなら ミスフライハイ 11%MISTAKE SEA Good bye my World Suffer the Child アンチ・ハレルヤ 会いにいく 公園まで 鳩 総評 考察 イデアの水槽 grapevine通算6枚目のフルアルバム。リーダー西原氏の脱退と…

another sky / GRAPEVINE

2005.5.7(土) another sky マリーのサウンドトラック ドリフト160(改) BLUE BACK マダカレークッテナイデショー それでも Colors Tiny dog Let me in ~おれがおれが~ ナツノヒカリ Sundown and hightide アナザーワールド ふたり 総評 考察 another s…

Circulator / GRAPEVINE

2005.4.27(水) Circulator Buster Bluster 壁の星 discord 風待ち lamb Our Song (All the young)Yellow フィギュア ふれていたい アルカイック 波音 B.D.S I found the girl 総評 考察 Circulator GRAPEVINEの4thアルバム。先行シングルの「ふれていた…

Lifetime / GRAPEVINE

2005.2.25(金) Lifetime いけすかない スロウ SUN 光について RUBBERGIRL Lifework 25 RUGGERGIRL No.8 白日 大人(NOBODY NOBODY) 望みの彼方 HOPE(軽め) 考察 Lifetime GRAPEVINEのセカンドアルバムです。 数年前のこと サード…

退屈の花 / GRAPEVINE

2005.3.11(金) 退屈の花 鳥 君を待つ間 永遠の隙間 遠くの君へ 6/8 カーブ 涙と躰 そら 1&MORE 10、愁眠 隠しトラック 熱の花 考察 退屈の花 GRAPEVINEのファーストアルバム1stにして3rdぐらいのクオリティと評されていました。ジャケットも感じ…